2011年08月26日

楽しく学ぼう まんが教室

好きこそ物の上手なれ

23日、24日、25日と一色先生と元町先生を講師にお迎えしてゆうがく邸でまんが教室が開催されました。一色先生と元町先生は最近紀伊長島に移住されました。御多忙中お二人の御好意にすっかり甘えさせていただき、参加者の皆さんに貴重な体験の場を提供できたことは嬉しい限りです。

23日 一時から受付が始まりました。参加者は10人です。
(中学生4名、高校生2名、一般4名)

P1020626.JPG
最初自己紹介から始まりました。
コンピューターを駆使しての教室です。

P1020639.JPG<

事前に完成した作品を持ち込んだ参加者もいました。

P1020640.JPG

皆さんものすごい集中力です。

P1020641.JPG

一人一人に一色先生がアドバイスをしてくださいます。

P1020648.JPG

スタッフも中に入っていけない程夢中で作品取り組んでいます。

P1020652.JPG
夕食はスタッフ手製のカレーライスです。
みなさんお代わりをしてくれました。


24日 ゆうがく邸の朝食はいかが?

P1020654.JPG

ブレジャンのパンです。
焼きたてを届けていただきました。

P1020657.JPG
最終日の作品発表に向けて精を出す中学生たち


この日の夜は参加者のみなさんに
石窯ピザ作りを体験してもらいました。

P1020667.JPG

ピザピールを使って窯の中のピザを動かすます。

P1020669.JPG

漫画を描くのとピザ生地を作るのはどっちが大変?


最終日 作品発表

P1020677.JPG

コピーした作品をスキャンしてpcに取り込み
そのpcを接続した大きなスクリーンに
作品が映し出されます。

P1020678.JPG
ハイテク!!


作品発表の後、一色先生からプロの目というようよりは
漫画好きの同士としての立場で暖かいコメントをいただきました。
皆さん作品完成おめでとう!!

その後質疑応答があり
一色先生は一つ一つの質問に
丁寧に答えてくださいました。

P1020682.JPG
最後は全員でゆうがく邸のお掃除です。
スタッフは大いに助かりました。


一色先生、元町先生を講師にお迎えしての
漫画塾も今回で3回となりました。
今回は漫画が好きな人、プロの漫画家を目指す人と
年齢にも動機にも幅がありました。
それぞれに合った対応をしてくださった先生の
寛容さに深く感謝します。


参加してくださった皆さん!
この漫画教室をさらなるステップにして、
まんが道を邁進してください。




2011年08月21日

虫退治

P1020577_1.JPG
先日、前回やられていた箇所に霧吹きで農薬をかけました。
全部のゴマには必要ないと思い、この1本だけにしました。
食するものなので、なるべくなら農薬は使いたくないです。

このようにせっせと花の蜜を集めているハチにも悪影響を与えたくありません。
足の部分に蜜がついてます。どんな味なのでしょう。
P1020590_1.JPG

葉っぱを見るとこのような黒い固まりが‥‥
P1020589_1.JPG

P1020592_1.JPG
うんこをたよりに注意してみると、大きな青虫がいました。
早速捕まえ雑草の中に放り投げました。
どうせなら雑草を食べてほしい。

P1020597_1.JPG

無事に収穫まで成長してほしいです。

2011年08月20日

ぼくこの家買いたいなぁ!

都会っ子がゆうがく邸にやってきた! 


お父さんの仕事について紀北町を訪問中の鎌倉在住の3姉弟妹が17日18日にゆうがく邸に滞在しました。

この古民家をいたく気に入ってくれて「この家買いたい。何万円?」を連発。
うーん、、、何万円では入手困難かも、、、


P1020605_1.JPG

玄関に敷き詰められた檜の角材をまるで積み木のように遊ぶ、兄(小3)と妹(小1)。
何事にも興味津々!
                 
P1020603_1.JPG

ゆうがく邸の中庭で薪割り体験。 

P1020599.JPG

腰が入ってなかなか上手。
私なんて生まれてこのかた斧を振り上げたことがありません。

P1020601_1.JPG

すっかり薪割りも板につきました。


3人のチャレンジ精神には限界はありません。
18日は木彫教室に参加しました。
三田村先生曰く。
「小学生を教えたのは初めて、、」(ちなみにお姉ちゃんは中一です。)
幅広い世代に教えるのは彼にも勉強になるようです。

P1020607.JPG

真剣に取り組むお姉ちゃんと妹

P1020611_1.JPG

手を切らないようにやししく注意を払う先生。
                                             P1020621_1.JPG

最大のポンイント 円空さんに表情を入れます。

P1020622_1.JPG

さすがにお姉ちゃん、集中力はたいしたものです。



3人は川遊びをはじめ田舎暮らしを堪能したようすです。
恵まれた自然に囲まれて暮らすことが当たり前の日々。
この環境での日常生活を享受する幸せを私に教えてくれた都会っ子たちでした。

子供体験

宿泊していた子供たちが田舎暮らしに挑戦しました。

まずは木彫教室です。
普段は大人の方がやるのですが、初の子供参加。
本格的な道具の数々におっかなビックリ。手元が不安ですね。
P1020611_1.JPG
先生の助けを借りながら黙々と彫っていました。
P1020614_1.JPG

そして薪割り。斧は大人でも重いです。3年生にはちょっと重かったかな?
それでも先生の指導のもと、頑張ってました。
P1020601_1.JPG

上手く命中すると感動です。
P1020603_1.JPG

刃物を使っての作業は一歩間違えれば危険です。
だからどうすれば怪我をしないで安全に作業ができるかを体験します。
先生の話をちゃんと聞くことは大事ですね。

姿が見えなくなったと思ったら、こんなことしてました。
P1020605_1.JPG
ゆうがく邸玄関には木のブロックが敷き詰めてあります。
それを使って積み木をしてました。
子供の発想は面白いです。
ただこの後、戻すのに苦労しました‥‥


posted by APOC at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 古民家ゆうがく邸

2011年08月15日

ゴマの花

毎日暑い日が続きます。
やっぱ夏はこうでなくてはと思います。暑いのが当たり前。
ただ紀伊長島ではここしばらく雨が降っていません。
ゴマは大丈夫だろうか?

早朝に畑に行ってきました。
駐車場脇には綺麗な花が満開でした。
P1020570_1.JPG

そしてゴマ。枯れずに大きくなっていました。
P1020571_1.JPG

P1020580_1.JPG
しかも花が咲いています。

朝早くからミツバチが飛び回っていました。P1020581_1.JPG
おかげで受粉も順調で、ゴマのさやが沢山出来ていました。
P1020575_1.JPG

一時は諦めていたのですが、ゴマの生命力に驚きます。
何もしていないのにここまで成長してくれ感謝です。

ただこのように
P1020577_1.JPG
虫が枯らしていました。早速なんとかしなければ。

2011年08月08日

 第2回 夏のミニキャンプ

てるてる坊主のおかげかなぁ

おひさまが顔を出し、波も穏やかな最高のキャンプ日和になりました。
参加者の中には前の晩にてるてる坊主を作ってくれた人もいたんだよね。 ありがとう。

6日比幾海岸のゆうがく邸農地でミニキャンプを開催しました。参加者9名、ゆうがく邸スタッフ4名はアウトドアーではじけました。


P1020515.JPG

炎天下薪をおこすのは大仕事。準備ご苦労様です。

P1020517.JPG

さあ、これからミニキャンプの開始です。開会式。

P1020526.JPG

これからカレーの下ごしらえです。ピーラーを使ってニンジンの皮むきに挑戦。
だんだんと慣れてきます。

P1020527.JPG

玉ねぎの皮むきです。

P1020530.JPG

燻製用のダンボール

P1020531.JPG

今回は手羽の燻製を作りました。桜の木の香りがして香ばしくてビールと合いそう!!!

P1020537.JPG

P1020541.JPG

皆が待ちに待った海水浴。みんなすごくエネルギッシュ。 最高に楽しそう! わたしも小学生の夏休みは毎日泳いでいたのに、太陽の下に立っただけで疲れ果ててしまう。  これって老化?

P1020543.JPG

「なつかしい、なつかしい、あのリズム」このCMソングわかる人って、、、  オリエンタルカレーのルーを入れます。

P1020548.JPG

姉弟でなかよく皿に盛ります。

P1020546.JPG

姉妹仲良く

P1020544.JPG

手作りのカレーは格別だよ!

P1020551.JPG

泳いだ後のカレーの味はいかが?べリー デリシャスでしたよ。

P1020554.JPG

P1020553.JPG

親子で楽しく、、、、

P1020563.JPG

デザートのスイカです。種を土の中に飛ばして来年はスイカの収穫が期待出来そうかな?

好天に恵まれたゆうがく邸夏のミニキャンプ。                             夏休みの絵日記が完成したら、 ゆうがく邸に見せに来てね。楽しみに待っていまぁーす。

今度は秋のミニキャンプです。みんな参加してね!
       
posted by APOC at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 紀北町生活体験