2009年09月01日

熊野古道の峠5-馬越峠

紀北町の熊野古道シリーズ第5弾、ついにラストです。
これで紀北町は端から端まで歩いたことになります。
「馬越峠」です!

今回は、峠に登るだけではありません!
さらにそこから、尾鷲を一望できる天狗倉山(てんぐらさん)へと足を向けます。

magose-1.gif

馬越峠、このルートの魅力は何と言っても伊勢路随一の石道の美しさです。大きな石畳にむした苔は、古道の時間を感じさせます。
ちなみに歩くときは、石の真ん中に足を乗せると滑りやすいので、石と石の間を歩くと良いそうです。



峠からは、尾鷲が一望できます。

さて、峠で一服した後は、天狗倉山(522m)に挑戦です。途中はかなり急な山道になっています。

tengura-1.gif

←天狗倉山の頂上には大きな大きな岩があり(国道からも見えるほどです)、そこのハシゴを登ると、岩の上は最高の展望台・・・のハズが、あいにく霧で景色は見えませんでしたバッド(下向き矢印)




↓岩のそばには、修験道の開祖、「役行者(えんのぎょうじゃ)」を祀った小さなお堂がありました。かつてはこの山にも修験者がいたのでしょう。
tengura-2.gif

思った以上にハードでしたが、また晴れの時を狙って挑戦したいです晴れ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32042017

この記事へのトラックバック