2009年11月13日

「幻の牡蠣」渡利がき

紀北町の食材で、これから旬といえば渡利ガキですぴかぴか(新しい)
海山区の白石湖という汽水湖で取れるもので、普通の牡蠣よりこぶりで、
くさみがなくあっさりしているらしいです
(食べたことないですーあせあせ(飛び散る汗)

11日にNHKの「ふるさと一番」という番組で紹介されていました!

昭和初期に養殖が始まり、現在は11軒の養殖家がおられます。
kaki-azeshisan.png
養殖家の畦地さん。

汽水湖だから、下の方が海水で、上に大台ケ原から流れてくる川の真水が
混ざるんです。牡蠣は真水が苦手なので、海水と真水の丁度良いところに
牡蠣が居られるよう、調節しないといけないんです。
手が掛かってますね・・・

牡蠣料理も色々!牡蠣フライはもちろん!
kakizushi.png kakijiru.png
(左)牡蠣ずし、めちゃくちゃおいしそう!
(右)牡蠣汁もおいしそう・・・お雑煮にも牡蠣を入れるなんてうらやましい!

年間30トンほどしか出荷されないので、三重県外にはほとんど出回りません!
まさしく幻の牡蠣・・・
紀北町に来てご賞味を晴れ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33609502

この記事へのトラックバック