2010年02月01日

次の展開いろいろ!

28日、22時過ぎ発の夜行バスで、1ヶ月間通訳・音声・編集補助・作曲と
大活躍してくれた立花くんが埼玉に帰っていきました。

立花くんが本日2月1日付けで、新しいホームページを開設しました!
http://www.tachibanakei.com/
アマンダの映像作品のエンディングに使用された曲も聞けます。
ぜひご覧ください。

1ヶ月間ずっと3人で一緒だったので、今はとても淋しいのですが、
次の新たな展開も数々練り中です。

次の予定としては、横山里香さんの写真と立花圭くんの音楽のコラボレーション
によるインスタレーション展示を考えています。
インスタレーションとは、空間そのものも作品に取り込んでしまう展示形式です。

今回、アマンダさんによって「サウンドスケープ(音風景)」をテーマにした
作品を作ったので、それに関連した展示を古民家ゆうがく邸で行います。
まだまだ企画段階ですが、4月実施を目指しています。

その際、アマンダさんの紀北町の作品、過去の作品もご覧頂くことができます。

それと別に「網」に注目した制作も考えています。
漁師さんが使う網は、獣よけネットとして畑や山で再利用され、さらに
台風の時に瓦が飛ばないように屋根にかぶせて使うこともあるそうです。

この網を素材とした第二弾アーティスト・イン・レジデンス(滞在制作)を
4月、5月に実施できれば良いなと考えています。

アート関連の企画とは別に、「二地域居住・移住交流」に直結する企画も
夏頃からバシバシ実施していきます。

(助成金の結果が3月に続々分かるので、4月以降の展開をお楽しみに!)

今年度中は、まずは古民家の利用規程づくり、パンフレット作りなどを
行います。

後は、個人的に地域のことをもっと勉強しないといけないと思っています。
過去にまとめられた貴重な資料がたくさんあるので、それらを古民家で
デジタル化して収集保存する仕事を行うつもりです。
聞き取り調査もたくさん行って、ライフヒストリーの保存も行いたいです。
ウェブによる発信、バイリンガルの情報発信も頑張って進めていきます。

古民家では「田舎の豊かな暮らし」をテーマに様々な事業を展開していきますが、
コーディネーターの知識が浅ければお話になりませんからね^^;

地域の方々には、色々お世話になると思いますが、よろしくお願いします晴れ
posted by APOC at 13:26| Comment(0) | TrackBack(0) | NPO法人APOCの活動
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35052622

この記事へのトラックバック