2011年02月17日

丸太小屋作り1日目その3

前回の続きです。

軸組が終わったあとはコワの貼り付けです。
コワというのは、丸太を角材にしたときの端材です。
今回の丸太小屋作りのテーマの1つに2つの工法を紹介とありましたが、
実はこのコワを使って作ることがポイントです。

まずは経済的。もともと端材でチップにするようなものなので安いです。
次に作業が簡単。丸太を使用する場合は柱に溝を彫って、丸太もそれに合うよう加工しなければいけないですが、コアの場合、長さだけ調整すればすぐに作業できます。今回使用したコワは厚みがあるので、間柱に直接打ち付けることにしました。

コワ1.jpg

重いので二人作業です。

コワ2.jpg

最初は慣れない釘打ちで、失敗が多かったようですが、だんだん上手になってきました。

コワ3.jpg

あと少しで終わりです。

コワ4.jpg

これで壁は完成です。
丸太小屋作りといっていますが、実は丸太は正面だけ。他はコワを使用してますが、外から見ると違いがわかりませんね。思っていたよりも頑丈で、道具小屋には充分です。

IMG_1170.jpg
予定では2日間でここまでやる予定でしたが、1日でできてしまいました。
posted by APOC at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 紀北町生活体験
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43466678

この記事へのトラックバック