2011年03月02日

じふ鍋

先日紀伊長島の昔ながらの田舎料理を紹介する企画の準備のために
じふ鍋を行ないました。

じふ鍋と聞いてもどんなもの?かと思います。
僕も初体験でした。
昔はよく食べていたそうです。
簡単にいうとスキヤキです。ただし肉ではなく魚を使った鍋です。
生臭いのではないかと不安に思いながら調理開始です。

今回の魚は朝取れた新鮮なサバを使用しました。
P1010804.jpg
このまま食べてもおいしそうです。生臭さをとる為にサバの薄皮をとっておきます。

P1010805.jpg
準備するものはスキヤキの場合と同じです。

P1010807.jpg
酒をいれ

P1010808.jpg
砂糖、しょうゆをいれ、白菜、ネギ、エノキ、糸こんにゃくなどを入れ、最後にサバを入れます。

P1010811.jpg

しばらく待てば出来上がり。
P1010812.jpg

全く臭くなく、肉のように脂っこくも無くとてもおいしく頂けました。
P1010815.jpg

この味噌汁はサバの粗を出汁にしたものです。本来なら捨ててしまうものが、こんなにもおいしいものとは知りませんでした。
じふ鍋も味噌汁も想像以上においしかったです。
ぜひご家庭で挑戦してみてください。

なお3月5日(土)にゆうがく邸にて移住者交流会を開催し、ここでも食べてもらいます。
ぜひ興味がある方はゆうがく邸までご連絡ください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43648921

この記事へのトラックバック