2011年09月20日

三重テレビの取材を受けました。

必殺技(?)を伝授しちゃいました。

毎週火曜日はゆうがく邸定例大掃除です。
お掃除のエキスパートなぎさちゃんが古民家掃除の極意を実践してくれるのです。

その様子をHPで見てくださった三重テレビさんが
今日取材に来てくれました。


土間掃除は濡らした新聞紙をちぎって散らします。
新聞紙に埃を吸わせて、あとはほうきで新聞紙をはくのです。

次は窓ガラス磨きです。
ここでの秘密兵器は割り箸です。


P1020751.JPG


P1020752.JPG

箸に雑巾を巻いて四隅を丁寧に拭きあげます。


レポーターさんには木彫教室も体験してもらいました。

P1020755.JPG

P1020756.JPG

彼女の作品は面長で日本的な上品な表情でしたよ。



ゆうがく邸の大切な事業に二地域居住促進事業があります。
去年10月ゆうがく邸に寄宿され紀伊長島の暮らしを
短期間体験された後、今年の1月にここに移住された
パフォーマンスファミリー EronとYukoを紹介させてもらいました。


P1020760.JPG


P1020759.JPG

Yukoは12月に第二子を出産予定です。
二人は10月7日に津のあけぼの座への出演が決まっています。



中庭でもインタビューを受けました。

P1020762.JPG<


P1020763.JPG


P1020767.JPG

最後はレポーターさんとスタッフで記念撮影です。
posted by APOC at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 古民家ゆうがく邸

2011年08月20日

子供体験

宿泊していた子供たちが田舎暮らしに挑戦しました。

まずは木彫教室です。
普段は大人の方がやるのですが、初の子供参加。
本格的な道具の数々におっかなビックリ。手元が不安ですね。
P1020611_1.JPG
先生の助けを借りながら黙々と彫っていました。
P1020614_1.JPG

そして薪割り。斧は大人でも重いです。3年生にはちょっと重かったかな?
それでも先生の指導のもと、頑張ってました。
P1020601_1.JPG

上手く命中すると感動です。
P1020603_1.JPG

刃物を使っての作業は一歩間違えれば危険です。
だからどうすれば怪我をしないで安全に作業ができるかを体験します。
先生の話をちゃんと聞くことは大事ですね。

姿が見えなくなったと思ったら、こんなことしてました。
P1020605_1.JPG
ゆうがく邸玄関には木のブロックが敷き詰めてあります。
それを使って積み木をしてました。
子供の発想は面白いです。
ただこの後、戻すのに苦労しました‥‥


posted by APOC at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 古民家ゆうがく邸

2011年04月02日

明日香村を訪ねて

3月25日 奈良明日香村の視察に出かけました。   

12月にゆうがく邸は民泊許可と飲食店営業許可を取得した。そこでスタッフは今後の参考にと古民家を利用した農家レストランを視察することにした。視察に選んだのは飛鳥市明日香村であった。
車でおよそ3時間。お昼を頂いたのは、cafe「ことだま」のことだまランチ(1575円)。オーナーは明日香に魅せられて移住されたご夫婦である。 
「悠々の風吹く西明日香でくつろぎの時間を...」といううたい文句にふさわしい古民家レストランで
あった。地元農家の方が丹精込めて育てられたおいしい野菜、お米、大和肉(地鶏、豆腐といった食材を活かした繊細な料理の数々がこれまた骨董の器に盛り付けら、まさしく五感に響くランチを堪能した。老若男女を問わず満席の店内に関わらず、そこにはゆったりとした静かな時が流れていた。

P1010841.jpg

玄関を入るとそこには地元産のお土産が販売されている
                              
P1010837.jpg
  
  ワンプレートにかわいく盛られたことだまランチ

P1010839.jpg

  黒米ごはん  ごまふりかけ

P1010835.jpg

  ほうれん草と菜の花のポタージュ

                 
次に私たちは飛鳥駅に立ち寄り高松塚古墳、石舞台古墳めぐりをした。飛鳥周遊モデルコースは8コースも紹介されていてレンタサイクルサービスも充実している。歴女となってあらためてくにのまほろば大和を探索したい。

P1010853.jpg
 
 高松塚古墳

さらに私たちは奥明日香へと向かった。農家のたたずまいを活かした隠れ家のようなお店「ふるさとの食 奥明日香 さらら」へ  さららの由来は1300年も前によく吉野を訪れた天武天皇の皇后鵜野讃良皇女(うののさららのひめこ:後の持統天皇)「さらら姫」だそうだ。「神田うのの名前もこの「さらら姫」が由来しているはず」なんてミーハー的なことをふと思う。
この栢森にある「さらら」は平成14年から「神奈備の郷活性化推進委員会」携わってきた地元の
主婦たちが中心となって平成20年にオープンした。地産地消をコンセプトにした、旬の山菜、野菜、猪肉、地鶏を食材にした「さらら膳」を提供している。残念ながらお昼の時間をはずしてしまったので手作りシフォンケーキとコーヒーを頂いた。優しい味のするケーキだった。
文化の発信元になることがこのグループが最も力を入れていることで、壁には「萌の朱雀」「もがりの森」でカンヌ映画祭受賞監督の奈良県出身の河瀬直美の色紙が貼られていた。
歴史的な背景、立地場所などゆうがく邸とは大いに異なる農家レストランではあった。
しかしそこを運営する人々の継続力、地元への思い、そして外部とのつながりを広げようととする
努力、情熱に刺激を受けずにはいられなかった。

DSCF0895.jpg
  
 明日香栢森の古民家さらら

P1010860.jpg    

  引き戸を開けるとこの佇まい

P1010854.jpg

  手作りのシフォンケーキ
posted by APOC at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 古民家ゆうがく邸

2010年03月15日

庭のピザ窯が完成!!

土日に行われたピザ窯づくり!
たくさんの方の協力を得て、完成しましたぴかぴか(新しい)

設計者の小場瀬先生と、大工の小西さん、左官屋の西尾さんが指導。
土曜日は、スラブの上にレンガで土台を作りました。
隣町から参加された井上さん。モルタルの扱いがみるみる上達!
おうちにピザ窯を作ろうと、今回参加されました!
oven1.gif
レンガをあらかじめ水に浸けるのは、モルタルの水分を吸わないようにするため。
oven-renga.gif

そして、14日はレンガでアーチを作成!
6名の方が体験に参加されました。5歳の大貴くんもお手伝いるんるん
oven-meji.gif
一旦積んで、みんなでどんどんモルタルを埋めていきます。

最後のレンガを乗せるのは、「紀伊長島暮らさん会」会長の河村さん!
oven-kawamurasan.gif

左官屋の西尾さんがいるので、目地もかなり綺麗に仕上がりましたるんるん
乾いたら木枠は焼き切ってしまいますが、うまく固まってるかな〜ドキドキ。
oven-sakan.gif 

みんなで記念写真カメラ
oven-all.gif

働いた後は、みんなでイタリアンを頂きました!
シェフは理事の洋代さん。
oven-lunch.gif

試運転を経て、ピザを焼くのは27日です^^
生地作りをして、自分で焼いてピザを食べますいい気分(温泉)
参加費1000円、10時から12時までです☆
ご参加お待ちしてまーす晴れ
posted by APOC at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 古民家ゆうがく邸

2010年02月26日

「ゆうがく邸」28日(日)三重テレビで!

2月28日(日) 18:15-18:30、三重テレビの
「ゲンキ!みえ!生き活きリポート」という番組で
NPOア・ピース・オブ・コスモスが紹介されますexclamation

13日のこけら落としの時の様子や、河村こうじ屋さんの味噌作り体験、
上野商店さんの干物づくり体験、プログラムで開墾した畑の様子など、
盛りだくさんで紹介されます。

15分の番組ですが、私も一応登場するみたいですあせあせ(飛び散る汗)

提供の中部電力さんにもいつもお世話になってますm(_ _)m
三重にいる方はぜひ見てね!晴れ
posted by APOC at 06:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 古民家ゆうがく邸

2010年02月20日

生活体験施設「ゆうがく邸」とは??

生活体験施設「ゆうがく邸」オープンしましたが、
「結局何やるところなんだろう??」と皆さま思われてるハズ!

ここは、紀北町への移住や田舎暮らしに関心のある方に、
「紀北町の暮らしを体験」して頂くための施設です。
なので、旅館とかユースホステルとは違います〜あしからず。

生活体験とは、観光目的というよりは、ここでの生活に密着した体験のことです!

たとえば干物づくりや味噌づくり体験をはじめ、
自転車でまちを散策して地元の方とお話をするメニューや
畑の収穫を手伝ったり、ひのきで家具を作ったり・・・

体験メニューに参加される方が利用できる施設ですので、実施をお楽しみに!
本格的なスタートは来年度からです。

サルシカさん
ゆうがく邸を紹介して下さってます。
すごく素敵な写真!
posted by APOC at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 古民家ゆうがく邸

2010年02月16日

こけら落とし公演&完成記念パーティー

13日(土)、夕方6時から、ゆうがく邸にて行われたイベントの様子を
ご紹介します!

ご近所の方を中心に、スタッフ含めて100名ほどがゆうがく邸に
大集合しました!

まずは落語。
「鶴羽亭園造」氏。
実は町内の公園を造園した、造園士の糟谷護さんです!
kokeraotoshi.gif

それからジャズライブ。
中山良一カルテットの皆さん。
kokeraotoshi3.gif

演目の合間には、松阪のアバンティというレストランのシェフが来て下さって、
おいしい料理を振る舞って頂きました!
kokeraotoshi2.gif

料理を取るために大渋滞で、ご迷惑をお掛けしましたが、
十分楽しんで頂けたでしょうか?

古民家が開いている時は、いつでも見学に来て頂くことができます。

お待ちしています。


posted by APOC at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 古民家ゆうがく邸

2010年02月12日

竣工式が行われました

syunkoshiki1.gif

工事の終わったゆうがく邸に、60名ほどの方がお祝いに駆けつけて下さいました。
ご来賓の皆様からはお祝いの言葉を頂き、これからの活動を応援して頂きました。

お花を下さった皆様、本当にありがとうございますexclamation

たくさんの祝辞を頂いたのですが、最後は東京から来て下さった漫画家の
一色登希彦先生です。

5年程前にまだお化け屋敷状態だったゆうがく邸に来られて、その時夢見ていた
施設が現実になった・・・とおっしゃっていました。

一色先生には、アーティスト・イン・レジデンス第二弾として滞在して頂く
ことになりました!

ワークショップで、地元の方と交流するプログラムを実施しますぴかぴか(新しい)
お楽しみに晴れ
posted by APOC at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 古民家ゆうがく邸

2010年02月09日

竣工まであと少し!

古民家改修作業がここまで終わりました!
2月8日の段階の古民家です☆

yugakukanban.gif
↑玄関の看板の取り付け作業が行われました!

washitsu.gif
↑二階和室。畳が入りました!

kitchen.gif
↑一階の共用キッチンの前に、カウンターが取り付けられました!
食器も揃っています!
posted by APOC at 09:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 古民家ゆうがく邸

2010年01月30日

2月竣工の古民家

2月11日の竣工式に向け、紀伊長島駅前の古民家改修工事が
急ピッチで進んでいます。
kaisyu0127.gif
1階のサッシが入った部分はキッチンです。業務用のかなり立派なキッチンが
入っています!

kominka01.gif
1月18日にアマンダさんを古民家を案内した時の写真。
8月の滞在時には、ここがアマンダさんの部屋になるはず。
posted by APOC at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 古民家ゆうがく邸

2009年12月25日

古民家大掃除☆

年末です。

古民家では、台所の天井掃除が行われました!

洗剤をふきかけ、足場に登ってぞうきんでふきとり・・・
全員頭から茶色い油汚れをかぶりながらの作業でした^^;
tenjosoji.gif chigai.gif
掃除した後は木目が現れてはっきり違いが分かりますexclamation

12月中は、建具洗いもやってました。
tateguarai.gif

改修工事は着々と進んでいます!

ニュースレターにも活動報告を載せています。
http://apoc-mie.org/newsletter.html
是非ご覧ください晴れ
posted by APOC at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 古民家ゆうがく邸

2009年10月08日

古民家の住民たち

8日は夜12時頃から朝まで、ずっと強烈な風でした台風
特に朝4時〜5時は、生まれて初めて経験する強風!
雨戸の無い部屋で寝ている私は、怖くて寝れずですもうやだ〜(悲しい顔)

改修中の古民家も心配していましたが、無事でした!
断水や停電といった被害もなく一安心。
で、古民家の様子を見に行くといつも出くわす
住民がいます。

koumori.jpg
2階の天井にぶら下がっているコウモリ夫妻(?)です。

いつも私が上がっていくと離れて睡眠中なのですが、
雨戸を開けたりする音でお目覚めになり、いつの間にか
寄り添っています。

かわいいなあ〜と写真を撮っていると、バサバサァ〜と
飛び立ち、「ぎゃあ〜どんっ(衝撃)」となるのがオチですが(笑)

今は工事がストップしているのでそっとしていますが、
そのうち退居してもらいます。
滞在される時にはコウモリと同居ということには
なりませんので、ご心配なく晴れ
posted by APOC at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 古民家ゆうがく邸