2011年07月20日

夏の遊学塾2011 『楽しく学ぼう まんが教室』参加者募集中です

今年も昨年に引き続き夏の遊学塾として、まんが教室を開催することになりました。
漫画家の先生は紀伊長島を心から愛してくださる一色登希彦さん、元町夏央さんです。

開催日は8月23日(火)〜25日(木)です。

→詳しくはゆうがく邸ホームページより
posted by APOC at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント告知

2011年07月17日

Happy birthday

昨夜身内で石窯ピザ作りに挑戦しました。

64歳になった夫の誕生日パーティも兼ねた生活体験イベントのgarden partyです。
妹夫妻、叔父、従兄弟夫婦、友達が参加してくれました。

DSC_0061.JPG

しょっちゅうピザ作りをしている妹は手馴れたものです。  

                   
DSC_0062.JPG

DSC_0073.JPG

ゆうがく邸の中庭でそだてているバジルが美味!

DSC_0064.JPG

ピザピールさばきも巧みな山田シェフ

DSC_0072.JPG

石窯の中ではこんなにおいしそうなピザが焼きあがっています。

DSC_0068.JPG

山ちゃんから差し入れられたシャンペンの蓋をとばす夫。

DSC_0066.JPG

縁台の上には元町先生から頂いたflower arrangement

DSC_0075.JPG

DSC_0076.JPG

ウッドデッキ上では叔父が得意のパフォーマンス。
テーブルの上にはゆきちゃん手製のめちゃめちゃおいしいチャーハン、サラダがのっています。

DSC_0071.JPG

BBQもやっちゃいました。アルミフォイルに包んだジャガイモも炭火の中へ

DSC_0084.JPG


DSC_0082.JPG

ウッドデッキでは叔父のパフォーマンスの第2部がスタートです。
得意のロシア民謡のメドレーの後、アンコールは新町組のお木曳きの祝い歌で締めてくれました。
思わず掛け声をかけてしまいました。

次回のgarden party は9月の観月会を予定しています。

2011年07月15日

「美し国おこし・三重」専門家派遣

「美し国おこし・三重」パートナーグループの構成員であるア・ピース・オブ・コスモスは、 さらなるステップアップを目指して専門家をゆうがく邸に派遣していただています。
7月5日、12日、19日、26日の4回毎回4時間の研修を受けます。

第一回は情報の発信方法 ほかの団体との連携・協力 広報活動について 講師のだいおくやすこ先生、 堀コーディネーターから適切な助言を頂きました。


P1020342.JPG

 だいおくやすこ講師と堀コーディネーター


P1020344.JPG

 「美し国おこし・三重」からは湯浅さんと梅谷さんが参加してくれました。

P1020347.JPG

 ホームページ担当者がだいおくせんせいから実践研修を受けました。


12日の2回目はホームページ担当者が様々なテクニックを教わっていました。

それにしてもコンピュータ用語って超難解。パソコンが普及し始めて地元の長島高校で町民対象のパソコン教室なるものが夜間スタートした頃、商業の先生が「パソコンをたちあげてください。」と言ったら、実際起立をした受講生がいたそうです。 管理職がパソコンが使えずに部下に引け目を感じてウツになったというNHK特集では環境設定をするためにパソコンを窓際の観葉植物の側に移動したというエピソードも紹介されていました。
わたしも、うちのスタッフがCSS HTMLという用語を使うのを耳にし、Cascading Style Sheet Hyper Text Markup Languageの頭文字だということは調べてわかったんですが、
どういうものかは理解を超えています。
ホームページを自由に操れるようになるとたのしいだろうなあ。
次回は邪魔にならない程度に実技にも挑戦してみようかな。

2011年07月09日

七夕祭り

今年の七夕はあいにくの天気でしたね。
しかし紀北町には素敵なお祭りがあります。
それが七夕ものがたりです。先週7月2日に紀北町海山区で開催されました。
最初は雨が降っていましたが、日が暮れると雨もやみ、絶好の祭り日和。
DSCF0948_1.JPG
地元のアイドルきーほくんが登場し、テンションアップ。
DSCF0951_1.JPG
七夕物語の文字が闇の中できれいに見えます。
DSCF0954_1.JPG

DSCF0959_1.JPG
みんな願い事を書いたボールを川に流していくと、素敵な光の川ができ、感動です。

来年は感動を伝えられるように、もっと良い写真が撮れるようになりたいです。
今月23日は紀伊長島燈籠祭りなので是非お越し下さい。写真もピンぼけでなくばっちり撮りたいと思います。







2011年07月02日

ゴマ種まき

先月末の話ですが、梅雨の合間にゴマの種を蒔きました。

ゴマの種まきの時期は5月末から6月中旬頃が良いと聞いていたのですが・・・延び延びになり焦りました。

昨年末に畑にエリンギの苗床のカスをまき、時間をかけ発酵させました。だいぶ良くなった気はしますが・・・
あちこちに白い物体が・・・
IMG_1491.JPG

よく見るとキノコでした。他にも色、形の違う物が生えていました。
IMG_1490.JPG

食べる勇気はなかったので、ピザ窯ででた灰を撒き、そのまま耕しました。
IMG_1495.JPG

そして一気に畝を作り、マルチはり。
IMG_1496.JPG

さらに作った畝の半分にゴマを蒔いてしまいました。残りは後日にしました。一度に一気に作業をやってしまったので不安です。

あれから5日後。なんとしっかりと芽が出ていました。
IMG_1500.JPG

梅雨なのに晴天というか梅雨明けのような暑い日が続き、どうなっているか心配でしたが、無事に芽を出してくれて嬉しかったです。
ゴマの生命力に驚きます。


2011年06月23日

木彫教室開催

先日第1回目の木彫教室を開催致しました。
若先生のもと、皆さん真剣に取り組まれていました。
P1020303.JPG

円空さんの名前は聞いたことがあっても、円空彫りはなかなか一人ではやれません。
この教室ではのみの持ち方から、削り方まで、初心者でもわかり易く教えてくれます。
木を前にすると、皆さん真剣な表情です。
P1020307.JPG

そして無事に円空仏を彫り上げることができました。
参加された方の中には将来今回の倍くらいの大きさの仏様を彫りたいとおっしゃっていました。
ここでしっかり基本を学んでから挑戦したいとのこと。とても楽しみです。
P1020306.JPG


2011年06月19日

松本峠

先日みちつくり研修会が開催され、熊野市へ行ってきました。

熊野には松本峠があり、ここは景色が最高ということでちょっと楽しみでした。
当日は雨が心配でしたが、曇りとまずまずの峠越え日和。
今回は大泊側から出発しました。
まず峠の案内板です。
IMG_1408.JPG

登りはじめの道は平成に修繕された道でした。見た目はきれいなのですが、急なため?なのか段が高いため?なのか運動不足のせい?なのか、短い距離でも非常に疲れました。
IMG_1409.JPG

そして現れたのが江戸時代の道です。大小様々な石があり、見た目も凸凹。けれども非常に歩き易かったです。そして疲れません。不思議です。
IMG_1411.JPG
この道は幅が2m以上あり、籠も通り易く作られています。端と真ん中で段の高さも違い、急ぐ人は真ん中、ゆっくりの人は端を通ると歩き易いとのこと。こんな昔から使う人を気遣っていたのに感心です。

IMG_1414.JPG
またこの道は石工(城の石垣を作っていた人で石の専門家)が作ったので、まるで石垣の様できれいです。そして丈夫です。
石工さんが作った理由は江戸時代には城を造ることがなくなり、石工の仕事がなくなったそうです。そこでそのかわりに道つくりを命じられたとのこと。公共事業ですね。

IMG_1429.JPG
峠のてっぺんにはこのようなお地蔵様がみえます。お地蔵さんにまつわる話があるので是非足を運んでみて下さい。

IMG_1433.JPG
展望台からの景色です。熊野の町並と七里御浜が見えます。熊野速玉大社までもう少し。と昔の人は思ったのでしょうか。

IMG_1438.JPG
下りの途中の道です。梅雨時期なのか苔の緑がとても青々としきれいでした。梅雨時には梅雨時の良さがあるのですね。
ちなみにこのあたりの石畳は明治のものだそうです。江戸や平成とまた違った並べ方ですのでよく見てみて下さい。

この松本峠は距離が短いのでちょっとした散歩にはおすすめですよ。

2011年06月05日

会田妙子遺作展 5月29日〜6月5日

故人を偲んで230名以上の方がご来場くださいました。

8日間にわたって土間スペースで開催された「会田妙子遺作展」は大盛況のうちに幕を閉じました。
最終日、作品の撤収作業が終わってから御来邸くださった方もいらっしゃいました。
故会田さんがいかに周囲の方たちから愛されていたのか、そしてみなさんが若すぎる死をどれほど悼まれてれているのか、残された方々のそれぞれの思いが凝縮された遺作展になりました。

P1020236.JPG

偶然開催を知ったご親戚の方からお花が贈られました。


一針一針丹精込めて完成させた会田作品の数々  80点以上が展示されました。

P1020190.JPG

P1020243.JPG

P1020244.JPG

P1020248.JPG

P1020245.JPG

P1020247.JPG

会田さんにゆかりのある方が生前プレゼントされた作品を遺作展のために持ち寄ってくれました。


P1020258.JPG

未完の作品の前で涙する方もみえました。

P1020237.JPG

P1020239.JPG     

P1020240.JPG

P1020249.JPG

P1020250.JPG

小学生も見学に来てくれました。カントリードールを見て「かわいい!」連発していました。

P1020264.JPG

ご家族、ご親戚、元同僚、同窓生、ご近所の方、お友達、実に数多くの方が会田さんの作品を様々な思いを胸に鑑賞してくださいました。
そして会田さんをご存知なかった方もこの遺作展で会田さんの作品に触れ会田さんの存在を心に刻れたことと思います。
年配の方が、「子供の頃、父に人は死んだら足跡は残せないけれど手垢は残せると言われた。
まさに会田さんはそうですね。」とおしゃっていました。

P1020267.JPG

会田さんの一周忌を迎え、この遺作展の実現にご尽力された皆様、本当にたくさんの方に
お越し頂いたことを、ゆうがく邸スタッフ一同心より喜んでいます。

第6回 石窯ピザ作り体験

心配されたお天気も嬉しいことにピザ日和



P1020251.JPG

ピザ体験の始まりです。2回目の方も何人かいらっしゃいました。

P1020252.JPG

今回は強力粉だけを使用した生地作りの講習です。

P1020253.JPG

粉の分量を量ります。

P1020256.JPG

生地を捏ねる要領を習います。                               

P1020261.JPG

中庭でピザ作りが始まります。

P1020259.JPG

バラエティーに富んだトッピング

P1020262.JPG

P1020263.JPG

終わりかけに雨が降り始めましたが、無事終了です。

2011年06月04日

会田妙子遺作展 5月29日〜6月5日

5月28日朝から遺作の搬入が始まりました。

P1020175.JPG

この遺作展を企画された方が準備に取り掛かります。
                                                              P1020189.JPG

脚立の上でライティングのセットアップ。

P1020183.JPG

会田さんの和キルトの先生もディスプレイのアドバイスに駆けつけてくれました。

P1020185.JPG

会田さんの娘さんも笑顔で、、、、

P1020180.JPG

看板はスタップ山ちゃんの力作です。


どんな展示会になるか わくわくです。